家族の体調不良・・・レスキュー編

一緒に暮らす家族が 苦しんでいたら どうします??

ガサゴソ 救急箱をひっぱり出してみたり、

夜間に飛び込める救急を探したり、

慌ててしまいますよね。

 

 

 

freestocks-org-248125

娘さんより、82歳のお父さんのSOS

『父の左足の甲がズキズキと痛んで、腫れてきました。

2日前に、すでにちょっと痛みがあって、腫れそうだなと思ったので、病院で診察を受けたそうです。

血液検査結果は、とくに異常値は無くて、特別な治療も薬もなく帰ってきています。

浄化よろしくお願いします 』

 

 

遠隔で浄化を差し上げました。

IMG_0737

 

 

 

他のご家庭より)

お母さんから、6歳女の子のSOS

『こんばんは。
いつも浄化をありがとうございます✨

娘が腹痛を訴えています。
どうか浄化をお願いいたします。

お腹は空いているのに、痛くて動けないと。

便秘はしていません。
苦しそうです。
よろしくお願いします。』

 

 

こちらも すぐに遠隔浄化。

IMG_0738

 

 

たまたまかもしれませんが、

お二人とも、浄化が入ってから お腹が空いたのですね。ふしぎ。。。

 

 

家族のあいだで、何かあったとき

「自然の力で よくしてもらう?」

「浄化をお願いしたらいいんじゃないかしら??」

そんな会話が飛び交うご家庭が あります。

 

 

今回のケースでも、6歳の子供から80代の男性まで、

よくしてもらう、と自分で求めてくださること、とても嬉しく思います。

 

 

そして・・・

一番身近な存在であるご家族が 浄化を勧めてくださる、

救急箱を開く前に 携帯を開く、

真っ先に 見えない世界を 整えることを選択する、

すごく面白いと思いませんか?

 

 

 

joanna-kosinska-61432

自分のなかに 自然治癒力があると感じられると、生きていることに 感動が湧き上がります。

命があること、生きているって、すごいことなんだな、

すでに素晴らしいものを 授けてもらっているんだな、、、

よくなる力を引き出すことは、生命の偉大さに触れていくように思うのです。

 

 

今日も自然と人類のあいだ、

自然の力で のびやかに よくなる力が引き出されますように。

 

 

コメントを残す