体調不良と命について・・・足の痛み編

夏って、虫さんも元気ですよね。

自然が豊かなところで、虫とりを楽しむ子供たち。

昼はセミ、夜は鈴虫の音などで、季節を感じられます。

 

 

ある女性から、浄化してもらいたいと、依頼が届きました。

IMG_1433

 

 

 

実際、この女性を見えない世界でとらえて見ると、虫さんの命がたくさん憑いていました。

生を終えて行くべきところがあるのに、帰れずに、残っています。

これでは体調不良にもなりかねません。

 

 

人間の生活に邪魔な存在は、駆除して当然。

命を奪っても当然。

そんな思いがあったからでしょうか、このご依頼には 自然から浄化する許可がおりませんでした。

 

 

地球は、人間だけのものではなく、

数多の生命がともに在る星。

それを忘れて、他の生命に 傲慢に振舞っていながら

自然に救ってもらいたいと願うのは、横柄なのかもしれません。

 

 

依頼主の女性はその後、

◎体調が悪くなったこと、

◎このままでは浄化の許可がおりない、、、

という結果を真剣に受け止めて

あらためて 浄化依頼をくださいました。

今度は応じることができました。

 

 

IMG_1431

 

 

痛みから解放されて、かつ

命について学べてよかったですね。

 

 

痛みが教えてくれること。

自分の傲慢さや、非情さ。

他の生命に対する冷酷さ。。。

それが、自分を痛めることと繋がっているとは、思いもよりません。

 

 

 

虫を駆除していなくても、、、

命の問題って暮らしのなかにあります。

ほとんどの方は、他の生命をいただいて、生命活動を 維持しています。

 

 

 

brooke-lark-96400

日本には 食事のときに使う 素敵な言葉があります。

いただきます

ごちそうさま

その言葉 、心が こもっています??

 

 

当然のように、命をいただいていないか、

命に対する感謝と敬意があるのか

その命から生み出されるエネルギーを、何に変換しているのかを

この機会に、すこし 振り返ってみたいと思うのです。

 

 

今日も、自然と 人類のあいだ

この星が 幸せに向かいますように。

 

 

コメントを残す