胃の不快感が消えなくて・・・健康診断編

さいきん、健康診断を受けましたか?

受けない主義の方もいれば、毎年欠かさない方、会社の方針で義務ずけられている方などおられますね。

わたくしは、歯科検診は3ヶ月置きに伺っています。歯って大事ですよね。

michael-browning-40733

 

 

 

さて、年末にお体の健康診断を受けたYさんから、SOSがありました。

『こんにちは。浄化をお願いいたします。

健康診断を受けてから、胃の不快感が続いてます。』

 

 

うーん。胃の不快感って、おつらいですよね。。

食べても美味しくないし、ゲップが出たり、刺すような痛みがでたり。。。

自分が本来の姿で、生命力が発揮されていれば、食べるのが楽しい、胃も元気なはず。

 

 

そうではなくて、ムカムカしたり、活発でなくなったり、なにかが自然でないとき、、ものすごく簡単な見方があります。

それは、自然にしていたら(普通にしていたら)、取り込まないものをいれていないか? ということ。

 

 

健康診断は、身体の現状を知るのにありがたいものです。

でも、検査のための液体を飲んだり、ドームに入ったり、光を照射されたり、医療器具が身体の奥深くに入ったりして

自然に暮らしている動物たちなら、こんなこと一生経験しないよね。。

そんなことが、たくさんあると思いませんか?

gary-bendig-169660-unsplash

 

 

 

レントゲン、MRI、検査のために飲んだ液体、病院という場、検査に関わってくださった人の影響など

ときに、身体の外に出ずに、とどまって詰まったり、機能を悪くしたり、こころを乱したりすることがあるのだとしたら?

すっきり リフレッシュしたいですよね。遠隔で浄化さしあげました。

 

 

後日、メッセージいただきました。

2541BA02-27CC-4C13-80EB-838CDA315769

 

 

 

Yさん、よかったですね。

今まで出たことがないような物体。。ちょっと気になりますね。笑

 

 

検診を受けて、不調になること、いつもではないと思うのです。

魂や霊がおかしくなっていると、外からの影響が大きく響きます。見えない世界の、自分を守る力、抵抗力なども下がっていきます。

 

 

または、感謝がないとき。

検診もたくさんの方のお陰様で、受けることができます。受けると決めたのに、いやいや臨んでいたりすると、やはり外からの影響を受けやすくなります。

 

 

する必要がないことをしましたよ。

そんなときも、お知らせで不調が出たりします。

不調の原因って、ケースバイケースなので、詳しい方に聞いてくださいね。

 

 

 

起こることは、すべてよいこと。

つらいことは、一件なくていいことに見えるかもしれませんが、しあわせに生きる上での自分の改善ポイントを教えてくれます。

 

 

 

aaron-burden-22958

「不調があるとき、外からの影響を考えてみましょう」

「自然のなかに、本当の自分を取り戻す力があります」

「感謝と愛は、自分を守る最高の盾です」

 

 

自然とともに、幸せな人生へ 多くの方が進み出られますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です