歩き方がおかしくなった・・・猫さん編

1C557829-A60D-4F9E-8004-38F1EBCDF0A4

気がつけば春。

みなさま、冬はどんなふうにお過ごしになりましたか?

スキーやスノボにアクティブに!という方もいれば、寒くて雪がしんしんと降る季節は、家のなかでぬくぬくと。

そんな方も多いのではないでしょうか?

私自身は、冬眠タイプ? 寒くなった頃から、書くことをすっかりお休みしていたようです。

 

 

ありがたいことに、寒い期間も、新しいご縁を たくさんいただいていました。

いつも感心するのは、必要な方は必然でこの力と出逢うようです。自然に導かれて、ご縁がご縁を繋ぎ、訪れてくださいます。

はじめて、自然の不思議な力と出会っていただく瞬間がとても好きなので、飽くことなく、新しい出会いを楽しんでいます。

 

 

josh-couch-285993

さてさて、最近立て続けにあったのは・・・猫ちゃんのSOS。

動きがおかしくなったり、歩けなくなったりしたら、どうしましょう?

 

 

あるおうちの、猫ちゃん。

前足をひょこひょこして、歩くようになりました。

痛い様子はありません。前足の動きだけがおかしいのです。

 

 

飼い主さんは、まるで私が猫の前足を引っ張っているような歩き方なんです・・・と。

自分が何か悪影響が与えているのでは?? すこし察しておられました。

 

 

見ていくと、読みのとおり、飼い主さんの影響がありました。

はっきり書いてしまいましょう。猫可愛がりで、猫ボケさんしておりました。

自分よりも夫もよりも、猫が大切。生きるうえで、優先順位のトップが猫さんです。

自分以外の生命を愛することは、素晴らしいことですが、度が過ぎてしまうと問題がたいていは、小さきものから現れます。

 

 

このようなとき、ほとんどの場合、飼い主さんにも「度を越してないですか?」とサインがでています。

腰が痛いとか、鼻水がとまらないとか。免疫力が下がって、肌が痒くてたまらないの・・・とか。

症状の出ている猫ちゃんだけをよくしても不完全で、飼い主さんも整える必要があります。

 

 

 

「わたしが原因では?」

このケースでは、飼い主さんが問題が自分にあることを察していたのが、よかったです。

素直に求めていただき、猫さんと飼い主さんの両方を浄化しました。

後日、メッセージが届きました。

FDE79E96-CE9A-44E5-ACD7-8988BB115F64

 

 

 

自然のなかにある力は、すべての生きとし生けるものに、やさしく注ぎ込みます。

不調やうまくいかないがあるときは、よりハッピーに愛をもって生きるためのサイン。

自然の愛を受け取り、幸せにイキイキと生命が輝きますように。

aaron-burden-22958

 

 

 

 

コメントを残す